*Life with Patchwork*

~体調と相談しながらの日々ですが 少しずつちくちくしています~

トワル・ド・ジュイのキルト完成  


トワル・ド・ジュイでキルト




一年以上かかってしまいましたが

やっと完成しました

昨秋にはもう完成は無理かと思っていたので

本当にうれしく思います



普段はバイリーンKSP-120を使っているのですが

このキルトにはシンサレートHL-10という

厚さが1cmくらいあるものを使いました

キルティングは少々大変でしたが

温かさが違う気がします




裏側




裏地には

やはりトワル・ド・ジュイの生地を使いました


バインディングはタックがはじけてしまわぬよう

裏側で3針ほど縫い留めてあります



※できあがり寸法 98cm×98cm

シンサレートHL-10使用




category: トワル・ド・ジュイのキルト

tb: --   cm: --

トワル・ド・ジュイでキルト 8  


ジュイでキルト8




私の身体には

キルティングが一番負担がかかるので

なかなか進める事ができませんでしたが

やっとここまできました



作り始めたのが確か去年の二月なので

もう一年以上経ってしまったことになります



レースがローン地なので

薄い接着芯を貼りましたが

刺しゅうしてある糸が意外と太く

またシンサレートのキルト綿をはさんだので

なかなか針通りもスムーズに・・・とは

いきませんでした



バインディング用にと

やはりローン地を用意しておいたので

ダブルバイアスで仕上げていきます



スカラップを切りそろえる前に

もう一度ラインに沿って

細かくしつけをし直したところです








category: トワル・ド・ジュイのキルト

tb: --   cm: --

トワル・ド・ジュイでキルト 7  


ジュイでキルト7




ふっくら感を残したいと思い

内側は落としキルトだけなので

キルティングはボーダーに入りました



ローン地ということで目が密なのと

少し厚めの刺しゅうがじゃまをして

なかなかスムーズに針が通らず

針目もなんだか揃いません




category: トワル・ド・ジュイのキルト

tb: --   cm: --

トワル・ド・ジュイでキルト 6  


ジュイでキルト6




日差しがなく少し過ごしやすいので

久しぶりにキルティング



キルティングラインを書くときは

基本的にサインペンタイプのものではなく

シャープペン(鉛筆)を使っています



小物づくりなど

短期間で消してしまえるものはいいのですが

便利なのはわかっていても

消えることはわかっていても

キルトを広げるたび

サインペンで書いた跡が目に入ると

なんだかせっかくのキルトなのに

いたずら書きがしてあるようで

抵抗を感じてしまうのです



ジュイのキルトに手を出してしまうと

水色のキルトの完成がどんどん遠のいてしまうので

少しだけ・・・で止めておきます



category: トワル・ド・ジュイのキルト

tb: --   cm: --

トワル・ド・ジュイでキルト 5  


ジュイでキルト5




DWRのキルトの目処がついたので

もう一枚あったシンサレートをはさんで

しつけをかけました



今度はLH-100で厚さは11~12mm

生地が吸いつくような感じがあり

裏布の様子が心配なので

水色のキルトの時と同様に

黒羽さん式で

先にキルト綿の上に裏布を置いてしつけをかけ

そのあとそれを返してトップを置き

しつけをかけるという方法にしました


二度手間のようですが

裏布のたるみを気にすることなく

かえって楽だった気がします



キルトラインが決まらずにいましたが

ふっくら感が残るよう

四角は8cm×8cmですが

とりあえず落としキルトをして

様子を見ようと思います


ボーダーは

これもレース地を生かすよう

5.5cmの格子です



DWRの仕上げが済むまでは

こちらはちょっとお休みです








category: トワル・ド・ジュイのキルト

tb: --   cm: --

トワル・ド・ジュイでキルト 4  


ジュイでキルト4




四角つなぎは終えたものの

そのままになっていたので

ボーダーを縫いつけました



縫い代が透けないよう

薄い接着芯を貼ったレースです

四辺とも手縫いで・・・



震災にあわれた方に

更新を楽しみにしていると

逆に元気をいただきました







category: トワル・ド・ジュイのキルト

tb: --   cm: --

トワル・ド・ジュイでキルト 3  


ジュイでキルト3




四角つなぎがあと二段になりました

少し前に届いていたレースを水通し



こうのさんの本に載っていたサマーキルトのように

レースのスカラップをそのままいかして

仕立ててみたかったのですが

実用性を考えると

その仕立て方が

たび重なる洗濯に耐えうるのかどうか

心配だったのと

なかなか思うようなレースが

みつからなかったこともあり

全面に刺しゅうのはいったレース生地を

使うことにしました



手前にあるのは

スカラップ自在定規とでもいいましょうか

インチ仕様ですが

いろいろなスカラップが描ける定規です

これを使って

バイアスでくるむことにしました








category: トワル・ド・ジュイのキルト

tb: --   cm: --

トワル・ド・ジュイでキルト 2  


ジュイでキルト2




普段パッチワークに使う針山には

縫い針2本

キルト針2本 

刺しゅう針1本

待ち針10本しか

出してありません



何よりも

落としてもわかる本数・・・というのが

まず基本なのですが

もともと

待ち針だけを先にたくさん留めて

だーっと大量生産的に縫うことはしない方なので

普段はこの程度で事足りてしまいます



この生地は針通りが良いので

その分はずれてしまうことが多く

特に四角つなぎは

目視できっちり角を合わせたいので

あまり待ち針をうたずに

少しずつ縫い進めています



進み具合は遅くなるのかもしれませんが

後で気になってほどく方が面倒なので

ひとつひとつを確実に・・・が

私のやり方かもしれません






category: トワル・ド・ジュイのキルト

tb: --   cm: --

トワル・ド・ジュイでキルト 1  


ジュイでキルト1




こちらはキルトのために準備

8cm角のピースを81枚つなげます



普段四角つなぎは

3~4cmくらいが

一番つなぎやすい大きさなので

8cmというと

かなり「縫う」という感じがします

ちょっと合間に・・・

という感じではありません






category: トワル・ド・ジュイのキルト

tb: --   cm: --

トワル・ド・ジュイで  


トワル・ド・ジュイで




キルトフェスティバルでは

シンプルなパターンのキルトに

不思議と心がひかれました



ステキな色合いと柄が活きるよう

少し大きめの四角で

飾るために・・・ではなく

使うための小ぶりのキルトを作ります



一緒に少し大きめのヘクサゴンもカット











category: トワル・ド・ジュイのキルト

tb: --   cm: --