*Life with Patchwork*

~体調と相談しながらの日々ですが 少しずつちくちくしています~

回顧展 小物コーナー  

お問い合わせありがとうございます
「バラとレースのポシェット」のキットは
明日3/25(日)受付開始の予定です


小物1




回顧展ではお人形用の小物の

ほんの一部を展示しました


この小物のコーナーは

皆さんに楽しんでいただけたようで

いつも回りには大勢の方がいらっしゃいました




お顔




もともとは10cm程度の長さの針金に

綿をつけ羽二重でくるみお顔を作っていくので

当然そのお人形に持たせる小物も

小さいものになり

そのほとんどを色々な物から手作りしていました




小物2




この千歳飴の袋は測ったら

幅は8~9ミリでした

文字だけでなく絵も手描きです




小物3




この巻き物は2cm程度の高さの紙に

書かれていました




小物4




これは蚊遣り豚

紙粘土や紙で作ってありました

紙の蚊遣り豚は

2ミリほどの高さの細長い紙を

ぐるっと巻いて4本の足にしてありびっくり

鼻先からお尻までは1.5cmでした




小物5




これは百人一首のかるたです

絵は手描きではなく何かを貼ってありますが
(使えそうな包装紙などもいろいろ取ってありましたから
そういう物を利用したかもしれません)

字は手書きです




小物6




これは紙粘土で作った月見団子

お団子1つは3~4ミリです




小物7




高さ2cmちょっとの本には

題名だけでなく内側にも文字が・・・

もちろん本を入れる箱も手作りです

中ほどには仕切りもあります




小物8




こちらはホタル狩りの虫カゴ

大きな方でも直径は1.3cm程度でした

草が入っているだけでなく

ホタルが光っているのがおわかりになるでしょうか




小物9




風車の羽の端から端までは

1cmありませんでした




小物10




でんでん太鼓の紐の端についているのは

普段良く使うビーズです




小物11




鯉のぼりは

本物のように布で体が作ってあり

その上から鱗など描かれていました




小物12




笠は昔は牛乳瓶の蓋で作っていました




小物13




中央のケースに入っているのは

笹の葉です

大きさや色が少しずつ違う物がカットしてあり




笹




完成させた物がこちらです




小物14




そして鼓・・・



今回飾ったのは先にも書きましたように

ほんの一部で

実家には工具箱のような大きなケースが

まだ3つもあります

色々取り出して見てみると楽しくて

ついつい時の経つのを忘れるほどです



細かさを皆さんにご覧いただけ

楽しんでいただけたのが何よりでした




回顧展の記事




今回は新聞にも大きく掲載していただき

生徒さんだった方や

以前お人形をお求めくださった方などにも

おいでいただき

千種人形をご存知ない方には

母の手による作品をご覧いただけ

本当に催してよかったと心から思いました



せっかく背景がきれいなので

お人形一体一体も写真に収めてきましたが

それもご紹介していると長くなってしまいますので

回顧展の記事はこの辺で・・・

おいでくださった方には心からお礼申し上げます

本当にありがとうございました



しばらく針を持っていないのでうずうずしています

まずはお待たせしているキットの準備を進めたいと思っています

回顧展でも首から下げているポシェットを皆さんにほめていただけました^^

昨日駆け込みでお彼岸まいりもすませましたので

気持ちを切り替えてまた作品作りに励みたいと思います




category: ■千種人形

tb: --   cm: --

搬出を終えました  


雨がひどい中おいで下さった方には恐縮ですが

台風をとばしてしまうほどの晴れ女の私

搬出も青空のもと行うことができました



とても素敵な空間でしたので

できることならこのままずっと

飾らせておいていただきたかったくらいです



今日は会場の様子を・・・




1_201803222123183da.jpg




入口を入ってすぐには

今の和洋女子大を出てから最後の個展までの

母のプロフィールと写真を飾り

そして奥はお雛様のコーナーです



左側の壁には私のタペストリーが飾ってあります




3_20180322212320916.jpg




7段飾りのお雛様の隣には

小さな小さなお雛様を5タイプ飾りました


これもお人形は母の作品です




4_201803222123214dd.jpg




お雛様の手前には

お人形に使う小物のコーナー

1つ2つ市販の物もありましたが

それ以外は皆手作りのものです

10cmあるかないかのお人形に使う小物なので

皆それは小さく

虫眼鏡をご用意しておきました




5_20180322212322a3b.jpg




その奥に見えるのが

私と姉の作品を飾った棚です




6_20180322212324467.jpg




姉は母が遺したちりめんで作った布小物や

クロスステッチの小物を

私はバニティケースやがま口を飾りました




7_20180322212325b45.jpg



8_20180322212344d48.jpg



9_2018032221234638d.jpg



10_20180322212347186.jpg




そして左側の壁には

母の人形を



初めて千種人形をご覧になる方は

皆一様に「わーこんなに小さいの」と声をあげておられ

ご自身も和の物を作られる方は皆

お人形の着物をご覧になっては

良い物を使っていると褒めてくださり

母のこだわりをわかっていただけたようで

とてもうれしく思いました




11_20180322212349a8b.jpg




奥の壁には

季節のタペストリーのほかに

私のMODAのバッグも加えました




12_201803222123505b1.jpg




そしてその手前のテーブルには

姉がフェルトやリブニットで作ったスイーツを




13_201803222123526b4.jpg




私もリボン刺しゅうの小物を

スイーツに見たてて飾りました



母の人形の中にはもう傷んでいるものもあり

全部飾るわけにはいかなかったので

会場が埋まるかしらと心配しましたが

なんとか良い具合に飾れ

皆さまにご覧いただくことができました



次回は小物をご覧いただこうと思っています







category: ■千種人形

tb: --   cm: --

回顧展が終わりました  


023のコピー




本日15時に無事回顧展が終了しました



新聞に載せていただいたおかげで

後半は雨模様というのに

それは大勢の方がいらしてくださり

本当にありがたい思いでした



私のキットをお求めくださった方も

豊橋 名古屋 横浜 長野 三重 兵庫 岡山

と県外からわざわざいらしてくださり

もとは小さなキットがご縁で始まったおつきあいですのに

万障繰り合わせお越しいただいたそのお気持ちを思うと

本当に感謝の思いでいっぱいです

ゆっくりおもてなしもできませんでしたが

ありがとうございました



無事終わりさすがにほっとしたのか

今日は帰るなり爆睡してしまいました




明日の搬出の前に

いただいたお花だけ先に持ち帰ってきました




021のコピー


131のコピー


115のコピー


125のコピー


003のコピー




おかげさまで会場がとても華やかになりました

ありがとうございました



明日の搬出を終えたら

撮ってきた写真を整理して

またご覧いただこうと思っています







category: ■千種人形

tb: --   cm: --

明日から回顧展  


搬入1




昨日無事搬入を終えました



良い感じに仕上がり

計画して本当に良かったと思いました

きっと母も父も満足してくれているのではと思います



ぽっかり空いた雨模様の今日は

ゆっくり休んで

英気を養いたいと思います




搬入2




ギャラリーの裏手の

早咲きの桜がきれいでした











category: ■千種人形

tb: --   cm: --

母の千種人形  


1_201703161052149c6.jpg




昨日実家に出向き

母の作った千種人形をもらってきました




花嫁
「花嫁」




七五三1
「七五三」




七五三2




大文字の夕
「大文字の夕」




梅の小枝
「梅の小枝」
※小枝の次にもう一文字あるのですが
残念ながら私には読めません・・・(>_<)



名称の「千種(ちぐさ)」には「たくさんの種類」や「なんでも」「いろいろ」「小さい」

などの意味も込められているようで

ほとんどのものを身の回りにあるものから自分の手で作っています



この中で琴と蚊遣豚以外はすべて母の手で作られており

「千歳飴」の袋ももちろん母の手によるものです




折鶴




こんなふうにいつでも使えるように

それこそ千種類はあるのではと思うくらい

母の手によって作られた小物がケースにぎっしり

お人形が10cmあるかないかの大きさですから

皆それは小さくて・・・



今年もまた

これはいったいどうしよう・・・に結論が出せず

姉とまた来年考えようとしまってきました




娘道成寺1
「娘道成寺」




お人形は普通床置きで楽しむものですが

母はこんなふうに色紙に飾る方法を考案し

壁に飾っても楽しめるようにしました




娘道成寺2




以前はこの傘を牛乳瓶のふたで作っていましたが

これは人形自体が少し小さめなのか

厚紙で作ってありました




連獅子
「連獅子」




色紙雛
「色紙雛」



そしてこれは押絵というものです


押絵雛




おまけは 母に教えてもらい私がつくった押絵の兜です

すっかりしまいこんでいたので

記念にパチリ


押絵兜




残念ながら紙の部分が少し黄ばんでいたり

シミができてしまっていたりするものもありましたが

せっかく母が遺してくれたのですから

大事にしつつたくさん飾らなければと思っています








category: ■千種人形

tb: --   cm: --

千種人形のお雛さま / 初節句  


2016お雛様




四十九日も過ぎましたので

父も母もきっと喜んでくれるだろうと

今年も母が作った千種人形のお雛様を飾りました

いつもは3セットでしたが

今年は1セット娘のところに行きましたので

部屋が広く感じます



先日お孫ちゃんに作ったタペストリーは

せっかくなので額に入れてきました




初節句




あともう5ミリ大きければちょうどぴったりだったのですが

少し隙間があったので埋めてもらいました

娘にはまだ話していないので

渡すのが楽しみです









「ももの節句のタペストリー」には

本当にたくさんのお問い合わせ

またご依頼をいただきありがとうございました

ほとんどの方に昨日お送りできましたので

きっと今日明日のうちにはお手元に届くのではと思います

追加の方々の元にも1日も早く・・・と思っていますので

あと少しお待ちください




category: ■千種人形

thread: ハンドメイドの作品たち - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

母のつくった千種人形のお雛様  


飾った~




暦を見たら今日は友引でしたので

2年ぶりで

母の作ったお雛様を出しました



片づけることを思うと億劫で

昨年は体調も思わしくなかったこともあり

ずるしてしまいましたが

今年はこうして出せたのでほっとしています



長女が18のときに母は逝ってしまいましたので

もちろんその後の娘たちのことは何も知りませんが

でもそれぞれにちゃんと遺してくれたのですから

面倒くさがらずにこうして出してあげなければ・・・と

「出した後」はいつも思います




おひなさま




お顔の大きさは1cmほど

座っている台以外はすべて母の手によるものです



お近くにおいでの節は

ぜひお立ち寄りください








キットについてお問い合わせくださった方には
すべてお返事さしあげました
ご確認くださいませ




category: ■千種人形

tb: --   cm: --

佳き日・・・母の作った千種人形  


佳き日1




先日実家に出向いたおり

姉がうちうちの祝い膳を用意してくれたのですが

そのときに母の作った人形も出してあったので

しばらくの間借りてきました




佳き日2


佳き日3



以前にも書いたことがありますが

千種人形は

もともとは針金1本からできています




佳き日4




作りかけのものも一緒に借りてきました


この小さいところに

顔を描き

髪を結い

着物を着せていきます



浜松千種会を名乗ることを許されていた母は

日々研鑽を積み

オリジナルの作品もたくさん生みだし

大勢の生徒さんに教えていましたが

こんなふうに途中のものがそのまま残っています

これを目にするたび

母はどんな思いで逝ったのだろうと

胸がいっぱいになる私たち姉妹です



私も姉も少しの期間教わったのですが

子育てが終わり

もっと時間に余裕ができてから・・・と思っているうちに

母は逝ってしまい

そのことだけは本当に悔やまれます




佳き日5




私の振袖を洗い張りに出しておいたから・・・と

見せられたことまでは覚えているのですが

母が亡くなった後どこにしまってあるのかわからず

・・・母の物を目にするのはつらく
あまりごそごそ
探しまわらなかったことも
ありますが・・・

結局娘たちも姪も着られずじまいでした


先日その反物を見つけ・・・

母が届けてくれたような気がして

開いた瞬間思わず涙がどっとあふれてしまいました



母も祝いの膳についていたのかもしれません



これから急いでこの着物を仕立て

下の娘に着させるつもりです

そして私は母の留袖を・・・

でも本当は母にいてほしかったなと思います







category: ■千種人形

tb: --   cm: --

千種人形のおひなさま・・・とキルトとタペストリー  


おひなさま




ついこの間片づけたような気がするのに

と言いながら

少し前の週末に家族と出しました

もう一年・・・

本当に月日の経つのは早いものです



大変なので

今年は一組にするつもりだったのですが

一つ出せば二つ・・・

二つ出せば三つ・・・と

結局全部飾ることに



母が作ってくれたこの千種人形も

年々取れたり剥がれたり・・・の箇所が

増えてきてしまいました

母が逝ってもう十年・・・

仕方ないのかもしれません




トワル・ド・ジュイでキルト




折りじわをつけたくないと

ずっと和室に広げたままだったこのキルトも

置き場所がなくなったおかげで

少しずつキルティングが進み

あとボーダー一辺を残すのみとなりました




ももいろのタペストリー




PW通信の巻末に小さく載せていただいた

タペストリーが戻ってきたので

玄関も急に明るくなりました




category: ■千種人形

thread: パッチワーク - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

千種人形のおひな様  


ひな人形




母が作った千種人形のおひな様を飾りました

子どもたちの分と私の分・・・

お人形は手のひらに乗るくらいの大きさなのですが

段を組み立てるのがなかなか大変で

毎年飾り終えるとほっとします



母は御所風の飾り方にこだわっていたので

私もそれに倣い

お内裏様を右側に




おひなさま




母が遺していった絹の穴糸を

クレイジーキルトのときにでもと

もらってきてありました



赤いバッグの横につけた

ワックスコードと合う色があったので

少し刺しゅうを入れました




穴糸












category: ■千種人形

tb: --   cm: --