*Life with Patchwork*

~体調と相談しながらの日々ですが 少しずつちくちくしています~

もも色のタペストリー 5  


もも色のタペストリー5




上になる部分には

ひなあられをイメージして

四角を並べました






関連記事

category: 季節のタペストリー

thread: パッチワーク - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

フラワースタンドのバッグ 3  


フラワースタンドのバッグ3




作りたい寸法にするために

脇と底になる部分には

桧垣のパターンのように長方形をはめこみました



赤 赤 赤・・・赤ばかり見ていると

少し疲れるような気がします



やっと1枚繋がりました

あともう半分






関連記事

category: ■バッグ

thread: パッチワーク - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

ぱっくりがま口  


ぱっくりがま口




思えば

この形がほしい・・・と思ったのが

がま口ポーチの型紙を作り始めた

きっかけだったように思います



確かフェリシモだったと思いますが

口がぱっくり開くがま口ポーチを見かけ

中が見渡せて使いやすそうでしたので

似たような形ができないか型紙を作ってみました



思うほど簡単ではなく

ああでもないこうでもないの結果

やっと満足いく形にたどり着きました



基本的には使う物しか作らない私ですが

これは未だに使えずとってあります







関連記事

category: ■がま口ポーチ・ケース

tb: --   cm: --

もも色のタペストリー 4  


もも色のタペストリー4




このまま進めば3月には間に合いそうなので

3月といえば桃の節句・・・

足りない1列分に

ひし餅をイメージして







関連記事

category: 季節のタペストリー

thread: パッチワーク - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

もも色のタペストリー 3  


もも色のタペストリー3




小さなピースは久しぶりでしたが

なんとか12ブロック繋がりました



頭の中では

もう少し扇が分量を占める図を描いていたのですが

少し生成の部分が多くなってしまいました

いっしょうけんめい考えているつもりなのですが

いつもこんなふうにあれっと思うことばかり







関連記事

category: 季節のタペストリー

thread: パッチワーク - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

母の遺したもの・・・大島紬でポーチ  


母の遺したもの2




まちを作ったところ

実家にあったものとは

似ても似つかない形になってしまいました



だいぶ横長なので

中袋の裏にもキルト芯を貼りふっくらさせ

シニアグラス入れに使ってもらおうと思います







関連記事

category: ファスナーポーチ

thread: パッチワーク - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

ドームとお買いもの  


ドームとお買いもの




ドームでのお買い物は

今作りかけのものに使えそうな布や

普段は買うことがないようなカットクロスにとどめ

MOKUBAのショールームまで足を延ばしました



なかなか写真では選びきれないような微妙な色のレースを

ちょうど持っていたポーチで色の具合を確かめながら

買ってくることができました



友人が招待券を用意して待っていてくれたおかげで

目を見張るような作品の数々をながめることができ

また初めましてのお友達にも会うことができ

元気とパワーをたくさんいただいて帰ってきました







関連記事

category: ■その他

thread: パッチワーク - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

もも色のタペストリー 2  


もも色のタペストリー2




何を勘違いしたのか

ブロックの数を数え間違えてしまい

考えていたよりも一列足りなくなってしまいました


並べてみたところ

かえって模様はうまく収まっているので

そのまま足さずにいってみようか・・・と思ったり・・・



少し枚数ができあがったこともあり

扇以外の部分の生地を決めました



明日はドームに行ってきます







関連記事

category: 季節のタペストリー

thread: パッチワーク - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --

母の遺したものと千種人形  


母の遺したもの1




母は千種(ちぐさ)人形というものを自宅で教えていました



正絹 金襴 ちりめん しぼり ・・・

子どもの頃から耳にしていたので

意味もわからないまま覚えた言葉がたくさんあります




千種人形だけでなく

押絵 袋物 つるし雛 など

母はいろいろなものを手がけていましたので

未だに山のような材料が眠っており

時間さえあればすぐ始められるようセットされたものなどは

いったいどうするのというぐらい遺されています



先日実家に出向いた際

その山のように遺されたものの中から

姉にひとつ持たされました

大島紬で小さなポーチが作れるようです





千種人形2


千種人形1


おひなさま1


おひなさま2




千種人形とは

身の丈10cmほどしかない小さなお人形なのですが

針金と綿で身体を作っていき

顔を描き髪を結い

そして着物を着せていきます


鼻などはたたんだ羽二重を特別な糊でかため

角をちょんと2mmくらい切ったもので

履いている草履やげた

持っている小物なども

ほとんどが手作りです



芦屋の荒木先生が完成された千種人形を

母もまた工夫研究を重ね

浜松千種会を名乗ることを許されました



母のところにいらしていた生徒さんが

何人か続けてくださっているようですが

母の名なくしては

浜松千種会は語れないと思っています

どうぞくれぐれも

間違ったひとり歩きなど

することのありませんように





関連記事

category: ■千種人形

tb: --   cm: --

フラワースタンドのバッグ 2  


フラワースタンドのバッグ2



あまりいろいろな色が氾濫しているのは

好きではないということもあるのですが

配色に自信がないので

ついつい無難に同系色で選んでしまいます



こういうときキットであれば

自分では選べないような生地と出会って

いろいろなお勉強もできるのでしょうが

キットだといつでもできるという安心感から

絶対

間違いなく

しまいこんでしまうのがわかっているので

買うのだったら生地や副資材・・・と思っています







関連記事

category: ■バッグ

thread: パッチワーク - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --