*Life with Patchwork*

~体調と相談しながらの日々ですが 少しずつちくちくしています~

母の千種人形  


1_201703161052149c6.jpg




昨日実家に出向き

母の作った千種人形をもらってきました




花嫁
「花嫁」




七五三1
「七五三」




七五三2




大文字の夕
「大文字の夕」




梅の小枝
「梅の小枝」
※小枝の次にもう一文字あるのですが
残念ながら私には読めません・・・(>_<)



名称の「千種(ちぐさ)」には「たくさんの種類」や「なんでも」「いろいろ」「小さい」

などの意味も込められているようで

ほとんどのものを身の回りにあるものから自分の手で作っています



この中で琴と蚊遣豚以外はすべて母の手で作られており

「千歳飴」の袋ももちろん母の手によるものです




折鶴




こんなふうにいつでも使えるように

それこそ千種類はあるのではと思うくらい

母の手によって作られた小物がケースにぎっしり

お人形が10cmあるかないかの大きさですから

皆それは小さくて・・・



今年もまた

これはいったいどうしよう・・・に結論が出せず

姉とまた来年考えようとしまってきました




娘道成寺1
「娘道成寺」




お人形は普通床置きで楽しむものですが

母はこんなふうに色紙に飾る方法を考案し

壁に飾っても楽しめるようにしました




娘道成寺2




以前はこの傘を牛乳瓶のふたで作っていましたが

これは人形自体が少し小さめなのか

厚紙で作ってありました




連獅子
「連獅子」




色紙雛
「色紙雛」



そしてこれは押絵というものです


押絵雛




おまけは 母に教えてもらい私がつくった押絵の兜です

すっかりしまいこんでいたので

記念にパチリ


押絵兜




残念ながら紙の部分が少し黄ばんでいたり

シミができてしまっていたりするものもありましたが

せっかく母が遺してくれたのですから

大事にしつつたくさん飾らなければと思っています








関連記事

category: ■千種人形

tb: --   cm: --