*Life with Patchwork*

~体調と相談しながらの日々ですが 少しずつちくちくしています~

もう1つのDWR・・・とプレゼント・・・と思うこと  


もう1つのDWR1




作り始めたものの

なんとなくイメージどおりではなかったので

新しいものを作り出してしまい

こちらはリングを繋げたところで止まっていました



少々針も滞っていますが

いつでも始められるように

土台布に載せてしつけをかけておきました




まきまき




可愛いピンクッションが届きました



もともとは終了したキットのことで

問い合わせいただいたのがきっかけなのですが

直接ドームでキットをお渡しして以来

仲良くしていただいています



私の短いキルト針のためにと

背の低いピンクッションも・・・

アントルメみたい・・・などと話していたのですが
(※昔あった森永のお菓子です)

不二家のノースキャロライナも思い出しました


可愛い赤い針も一緒です



ここからは長くなるのでたたみます

* * * * *


いつだったか
大学生が提出するレポートにも
引用した文章について
その出典を記載していないものが増えていると
問題視されたことがありました

公に発表するものについて
そこに自分のオリジナルではないものが存在するのだとしたら
その出所を明記するのは
しごく当たり前のことと私は思っています

手芸の世界でいえば
それは型紙であったり作り方であったり
デザイン 仕様 図案であったり
ときには生地であったり・・・
それらすべてが自分の考えたものでない以上
たとえ著名な方のものではないとしても
そこに敬意を払うのもしごく当然のこと
だから私は著作権うんぬん・・・というよりも
それらのものに敬意を払うという思いから
もし元になるものがあるのだとしたら
記載していかねばと思っています

今はいろいろな雑誌や本が出版されていますから
お金を出せばもちろんそういうものが手に入ります
でもいくら違う生地を使い
違うレースを使い
違う色の糸を使ったとしても
そこに元になるものが存在するのだとしたら
やはりそれは自分のオリジナルではない旨
ちゃんと記載すべきと私は思っています
ブログなど公の場で発表する場合は特に

このこととは少し違いますが
以前 これは自分のブログ 自分の日記だから
自分が好きなように書きますとおっしゃっているのを
どこかで見かけたことがありましたが
不特定多数の方の目に触れるということが
どういう意味を持つのか
どういう重みがあるのか
しっかり意識しながら
そして自分から発するものには
最後までちゃんと責任が持てるよう
いたいと思っています


関連記事

category: ■その他の作品

thread: パッチワーク - janre: 趣味・実用

tb: --   cm: --